デッキレシピ 遊戯王OCG

【P.U.N.K.ワイト】Uk-P.U.N.K.ソーマ・ワイトキング【デッキレシピ】2022/1制限

更新日:

P.U.N.K.な骸たち

ワイトキング
効果モンスター
星1/闇属性/アンデット族/攻 ?/守 0
このカードの元々の攻撃力は、自分の墓地に存在する
「ワイトキング」「ワイト」の数×1000ポイントの数値になる。
このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、
自分の墓地の「ワイトキング」または「ワイト」1体を
ゲームから除外する事で、このカードを特殊召喚する。
ワイトベイキング
効果モンスター
星1/闇属性/アンデット族/攻 300/守 200
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのカード名は、墓地に存在する限り「ワイト」として扱う。
(2):自分フィールドのレベル3以下のアンデット族モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりに手札のこのカードを捨てる事ができる。
(3):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから以下のモンスターを合計2体手札に加える(同名カードは1枚まで)。
その後、手札を1枚選んで捨てる。
●「ワイト」
●「ワイトベイキング」以外の「ワイト」のカード名が記されたモンスター
No-P.U.N.K.セアミン
チューナー・効果モンスター
星3/地属性/サイキック族/攻 600/守 600
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):600LPを払って発動できる。
デッキから「No-P.U.N.K.セアミン」以外の「P.U.N.K.」モンスター1体を手札に加える。
(2):このカードが墓地へ送られた場合、
自分フィールドの「P.U.N.K.」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力は600アップする。
No-P.U.N.K.フォクシー・チューン
効果モンスター
星8/光属性/獣族/攻2300/守2600
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの「P.U.N.K.」モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。
自分の手札を1枚選んで墓地へ送り、
デッキからレベル8以外の「P.U.N.K.」モンスター1体を特殊召喚する。
(3):1ターンに1度、このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
そのモンスターの元々の攻撃力分だけ自分のLPを回復する。

墓地を肥やして高攻撃力を得た《ワイトキング》で殴る【ワイト】。
《ワイトベイキング》の登場により墓地肥やし能力が高まり、さらに《イモータル・ドラゴン》の登場でハリラドン展開にも適応しました。

今回はハリラドン展開へ繋ぐカードとして、事故札の少なさやランク3(《虚空海竜リヴァイエール》)展開へのつなげやすさに長ける【P.U.N.K】の顔ぶれを加えた面妖な【ワイト】デッキ。


【ワイト】デッキレシピ



モンスターカードについて

【ワイト】関連モンスター
《ワイトキング》の打点上昇にかかわるモンスター達なのでロマンを求めて7種21枚フル投入。
《ワイトプリンセス》や《ワイトベイキング》は手札に来てほしいカード。ワイトと夫人は手札に来ないでほしいカード。

【P.U.N.K】関連モンスター
セアミン3、フォクシー1、ディアノート2を採用。
セアミン召喚から
フィールドにハリファイバーとセアミンを並べることができ、後述の展開例へ繋ぎます。
初動であるセアミンが緊急テレポート対応で優秀、フォクシーチューンで手札を切ることができるのも優秀。
素引きしたくないのはディアノート程度。

《馬頭鬼》
1枚採用しておけば《隣の芝刈り》で《ワイトキング》が全て墓地へ落ちてしまってもリカバリがきく…かも。

《ヴァンパイア・フロイライン》
アンデット族の攻撃力を最大3000あげる効果で《ワイトキング》のロマン火力を補佐します。
緊急時の壁にもなります。

《アルグールマゼラ》
アンデットを破壊から守ってくれる優秀なモンスター。
手札・墓地にあると安心。

《ブンボーグ001》《幻獣機オライオン》
ハリラドン展開で使用するモンスター。
なるべく素引きしたくはない。

《ネメシス・コリドー》
《ワイトプリンス》の存在から特殊召喚は容易。
《ルイ・キューピット》でサーチするカードですが、素引きしても使いやすい点でオライオン達とは異なります。
超雷龍になりましょう。

その他手札誘発モンスター

《屋敷わらし》は【ワイト】に刺さる《墓穴の指名者》対策にも。
一部の「ワイト」モンスターや《ヴァンパイア・フロイライン》《アルグールマゼラ》と合わせてデッキの3分の1が手札で発動する効果持ち。



魔法・罠カードについて

《おろかな埋葬》《ワン・フォー・ワン》
《ワイトベイキング》を墓地へ送るorフィールドに持ってくるカード。
フィールドに出した後は何らかの素材にすればOK。

《緊急テレポート》
セアミンをリクルート。強い。

《隣の芝刈り》

60枚デッキといえばこのカード。
強力なカードですが、今回のデッキは墓地送りと相性のいいカードばかりではないので《左腕の代償》は採用せず、運よく引けたら使うサブプラン程度の感覚で。

《禁じられた一滴》
手札の適当な「ワイト」モンスターをコストに発動できると〇。
弱体化した相手を高攻撃力の《ワイトキング》で殴りたい。

《墓穴の指名者》《無限泡影》等の汎用魔法罠

定番の魔法罠。

EXデッキについて

後述の展開で使うモンスターについては一部略。

《リンクリボー》
フィールドの《ワイトベイキング》等を墓地へ送れる便利モンスター。
一度墓地へ落ちれば《ワイトキング》が効果を無効化された際等にフォローにもなり優秀。

《トロイメア・ケルベロス》
《トロイメア・フェニックス》
手札コストを要求する除去効果を持つリンク2。
手札のワイトを捨てつつ《ワイトキング》の障害となるカードを除去できれば理想的。

《ペンテスタッグ》
リンク先に貫通効果を付与するリンク2。
相手が守備表示でも《ワイトキング》でワンショットするために採用。

《水晶機巧-ハリファイバー》
《幻獣機アウローラドン》
なんでもできるハリラドン。
後述の展開例で使用。

《イモータル・ドラゴン》
レベル6以外のアンデットの墓地肥やしができるシンクロチューナー。
このカードの登場によりハリラドン展開から容易に《ワイトキング》に繋げられるようになりました。

《虚空海竜リヴァイエール》
主に効果使用にターン1制限がない《ワイトプリンス》を帰還させて再利用します。

《Uk-P.U.N.K.アメイジング・ドラゴン》
せっかくなので採用。バウンス除去は対ミラジェイドで輝きます。


【ワイト】の展開例・回し方

展開例《No-P.U.N.K.セアミン》+手札コスト1枚

セアミン1枚から以下の流れで高火力ワイトキング+αを展開可能。

  1. 《No-P.U.N.K.セアミン》を召喚し、600LP払って《No-P.U.N.K.フォクシー・チューン》をサーチ。
  2. 《No-P.U.N.K.フォクシー・チューン》の効果で《No-P.U.N.K.ディア・ノート》をデッキから特殊召喚
  3. 場の2体で《水晶機巧-ハリファイバー》をL召喚
  4. 《水晶機巧-ハリファイバー》の効果でデッキor手札から《ブンボーグ001》を特殊召喚、《No-P.U.N.K.ディア・ノート》の効果で墓地から《No-P.U.N.K.セアミン》を特殊召喚
  5. 《水晶機巧-ハリファイバー》と《ブンボーグ001》で《幻獣機アウローラドン》をL召喚、効果で幻獣機トークンを3体生成し、《ブンボーグ001》を自己再生
  6. 《幻獣機アウローラドン》の効果で《幻獣機アウローラドン》とトークン1体をリリースし《幻獣機オライオン》をデッキから特殊召喚
  7. 《幻獣機オライオン》とトークン1体で《TG ハイパー・ライブラリアン》をS召喚し、《幻獣機オライオン》の効果で幻獣機トークンを1体生成。
  8. 幻獣機トークンと《ブンボーグ001》で《ルイ・キューピット》をS召喚し、自身のレベルを下げ、《TG ハイパー・ライブラリアン》の効果で1枚ドロー
  9. 《ルイ・キューピット》と幻獣機トークンで《イモータル・ドラゴン》をS召喚し、《ルイ・キューピット》の効果で相手に600ダメージを与え《ネメシス・コリドー》をサーチし、《TG ハイパー・ライブラリアン》の効果で1枚ドロー
  10. 《イモータル・ドラゴン》の効果で《ワイトベイキング》をデッキから墓地へ送り、レベルを5に変更。
  11. 墓地へ送られた《ワイトベイキング》の効果で《ワイトプリンス》と《ワイトメア》をサーチし、《ワイトプリンス》を捨てる
  12. 墓地へ送られた《ワイトプリンス》の効果で《ワイト》Aと《ワイト夫人》Aを墓地へ送る
  13. 墓地の《ワイトプリンス》の効果で《ワイト》Aと《ワイト夫人》Aと自身の3枚を除外し《ワイトキング》を特殊召喚する
  14. 《ワイトメア》の効果で自身を捨てて《ワイト夫人》Aを特殊召喚
  15. 《No-P.U.N.K.セアミン》と《ワイト夫人》Aで《虚空海竜リヴァイエール》をX召喚
  16. 《虚空海竜リヴァイエール》のX素材となっている《ワイト夫人》Aを取り除き、除外されている《ワイトプリンス》を特殊召喚
  17. 《イモータル・ドラゴン》と《TG ハイパー・ライブラリアン》で《フルール・ド・バロネス》をS召喚
  18. 《フルール・ド・バロネス》の効果で《ワイトプリンス》を破壊
  19. 墓地へ送られた《ワイトプリンス》の効果で《ワイト》Bと《ワイト夫人》Bを墓地へ送る
  20. 除外されている《ワイト》Aをデッキに戻して《ネメシス・コリドー》を特殊召喚し、リリースして《超雷龍-サンダー・ドラゴン》を特殊召喚

結果
手札:1枚捨てて2枚ドロー
フィールド:《フルール・ド・バロネス》、《超雷龍-サンダー・ドラゴン》、《ワイトキング》、《虚空海竜リヴァイエール》

墓地にワイトが6枚存在するため《ワイトキング》の攻撃力は6000。
盤面の総火力は13400。

万能無効効果を持つ《フルール・ド・バロネス》を優先して上記のような展開としていますが、《イモータル・ドラゴン》+《ワイトプリンス》で《瑚之龍》、《瑚之龍》+《TG ハイパー・ライブラリアン》でレベル11シンクロを出せばさらに2枚ドローが可能。
《瑚之龍》が手札を切りつつ除去を行えるのもワイトデッキにとっては好都合。

その際に出すレベル11シンクロとして《Uk-P.U.N.K.アメイジング・ドラゴン》を採用。
相手カードをバウンスする効果とP.U.N.K.を蘇生する効果を持ち、フォクシーチューンを蘇生すれば盤面の総火力は15700。
盤面の強度的にはバロネスより劣るものの、総火力や除去の手数的に後攻ではこちらも良さそう。
何よりこちらの方が【P.U.N.K.ワイト】らしいです。


《ワイトキング》でワンショット

展開については【P.U.N.K.】とハリラドンが強ぇという印象。
【ワイト】デッキがあまり得意ではない制圧要員もある程度並べつつ《ワイトキング》も用意できる万能っぷりです。
ワイト要素のデッキへの貢献?はパンチ力に尽きます。

展開の中で手札を1~2枚捨てつつ2~4枚ドローできるので、手札の《ワイトプリンス》を捨てたり《ヴァンパイア・フロイライン》を引き込むことができればその火力はさらに高まります。

なお、【P.U.N.K.】や《イモータル・ドラゴン》等はまだマスターデュエル未実装ですが、純【ワイト】は軒並み低レアリティで揃えやすいためなかなかおすすめです。
EXが揃ってなくてもある程度戦えますし、《ワイトプリンセス》で相手の攻撃力を下げて不意打ち気味にワンショットという流れが結構決まります。
この記事を書いている時点ではマスターデュエルで《隣の芝刈り》が無制限なのも追い風。

記事タイトルは「相馬の古内裏」という迫力満点の骸骨の浮世絵からとりました。

過去の【ワイト】デッキレシピはこちら。

【ワイト】打点を上げて物理で殴れ【デッキレシピ】2020/10制限

-デッキレシピ, 遊戯王OCG
-, ,

Copyright© SOYLOG , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.