デッキレシピ 遊戯王OCG

【鉄獣炎王炎星】手札2枚から超展開【デッキレシピ】2020/10制限

更新日:

【トライブリゲード】でワシンジンを展開

炎王の孤島
フィールド魔法
「炎王の孤島」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分メインフェイズにこの効果を発動できる。
自分の手札・フィールドのモンスター1体を選んで破壊し、
デッキから「炎王」モンスター1体を手札に加える。
(2):自分フィールドにモンスターが存在しない場合にこの効果を発動できる。
手札の鳥獣族・炎属性モンスター1体を特殊召喚する。
(3):フィールドゾーンの表側表示のこのカードが、
墓地へ送られた場合または除外された場合に発動する。
自分フィールドのモンスターを全て破壊する。
鉄獣戦線 フラクトール
効果モンスター
星4/炎属性/獣戦士族/攻1900/守1600
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。
デッキからレベル3以下の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体を墓地へ送る。
(2):自分の墓地から獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターを任意の数だけ除外して発動できる。
除外した数と同じ数のリンクマーカーを持つ獣族・獣戦士族・鳥獣族リンクモンスター1体をEXデッキから特殊召喚する。
このターン、自分は獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターしかリンク素材にできない。
炎星仙-ワシンジン
リンク・効果モンスター
リンク2/炎属性/獣戦士族/攻1700
【リンクマーカー:左下/右下】
獣戦士族モンスター2体
自分は「炎星仙-ワシンジン」を1ターンに1度しか特殊召喚できず、
その(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分が「炎星」モンスターの効果を発動する場合、
自分の手札・フィールドの「炎星」カード及び「炎舞」カードを墓地へ送らずに発動する事もできる。
(2):自分のフィールド・墓地の「炎舞」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。
その後、デッキから「炎星」モンスター1体を墓地へ送る。
魁炎星王-ソウコ
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/炎属性/獣戦士族/攻2200/守1800
獣戦士族レベル4モンスター×2
このカードをエクシーズ召喚した時、
デッキから「炎舞」と名のついた魔法・罠カード1枚をセットできる。
また、1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除く事で、
獣戦士族以外のフィールド上の全ての効果モンスターの効果を相手ターン終了時まで無効にする。
このカードがフィールド上から墓地へ送られた時、
自分フィールド上の表側表示の「炎舞」と名のついた魔法・罠カード3枚を墓地へ送る事で、
同じ攻撃力を持つレベル4以下の獣戦士族モンスター2体を
デッキから守備表示で特殊召喚する。

【トライブリゲード】の登場により獣族・獣戦士族・鳥獣族のリンクモンスターの展開が楽に行えるようになり、《炎星仙-ワシンジン》もその恩恵を受けた1体。

具体的には《炎舞-天キ》1枚から《炎星仙-ワシンジン》《魁炎星王-ソウコ》を並べることができるようになりました。

ということで今回は《魁炎星王-ソウコ》を能動的に墓地へ送る手段に長ける【炎王】の要素を組み込んだトライブリゲード入り【鉄獣炎王炎星】のデッキレシピです。

《魁炎星王-ソウコ》の効果を発動できれば《ガガガガマジシャン》のX素材と蘇生対象の下準備が完了することから、EXには《FNo.0 未来皇ホープ》並びにその派生形を採用しています。



【トライブリゲード】とリンクモンスターの考察は以下の記事参照

【トライブリゲード】でできる出張展開・相性のいいテーマまとめ

【トライブリゲード】鉄獣戦線リンクモンスターと各テーマの考察




【鉄獣炎王炎星】デッキレシピ



モンスターカードについて

獣戦士族モンスターの攻撃力は《魁炎星王-ソウコ》の効果の関係上重要です。

《鉄獣戦線 フラクトール》《鉄獣戦線 ナーベル》
【トライブリゲード】からの出張セット。
《炎星仙-ワシンジン》は専らフラクトールの効果で出します。
フラクトールの攻撃力は1900。

《炎王獣ガネーシャ》《炎王獣バロン》
破壊されてもアドを失いづらい【炎王】のモンスター。
ガネーシャはソウコを破壊する手段にもなります。
どちらも攻撃力1800。

《微炎星-リュウシシン》《殺炎星-ブルキ》《暗炎星-ユウシ》
【炎星】のレベル4獣戦士族達。
リュウシシンは蘇生と「炎舞」罠セットによりアドを稼ぎ、ブルキは《炎星仙-ワシンジン》で墓地へ落としてから自己再生し素材として、ユウシは能動的なソウコ破壊手段として活用します。
それぞれ攻撃力は1800、1700、1600。

《熱血戦士ウルフバーク》
蘇生効果により展開を後押しします。
攻撃力1600なのでソウコの効果で《暗炎星-ユウシ》と共にリクルートすることになり、それぞれの効果により2体目のソウコをX召喚→破壊しさらなる展開に繋ぎます。
コンボの詳細は後述。


《灰流うらら》《増殖するG》
定番の手札誘発。うららは炎属性なのでガネーシャや《ドリトル・キメラ》の効果に対応します。




魔法・罠カードについて

《炎王の孤島》
ソウコや炎王を能動的に破壊できます。
このカード自体が除去された場合のデメリット(自モンスター全破壊)も後述の展開でなら回避or利用することが可能です。

《炎王炎環》《炎王の急襲》

バロンでサーチできるためそれぞれピン挿し。
前者はソウコや炎王の能動的破壊手段やサクリファイス・エスケープに、後者は癖の少ない素材供給手段として活用します。

「炎舞」魔法罠
天キはいわずもがなな獣戦士族サーチ手段。
天権は相手の除去効果回避はもちろん《炎王の孤島》のデメリット回避にも一役買います。
その他にも天枢を始めとした使いやすい炎舞を複数採用。


《墓穴の指名者》《無限泡影》
定番の魔法カード。



EXデッキについて

《炎星仙-ワシンジン》
最重要のリンクモンスター。
このカードを維持して各炎星の効果に繋げアドを稼ぎます。

《ドリトル・キメラ》
炎属性の打点UPとシンプルな効果ですが、採用している下級モンスターは皆それなりの攻撃力になります。
《炎王の孤島》の効果に巻き込まれてもサルベージ効果に繋がる点も好相性。

《魁炎星王-ソウコ》
こちらもキーカード。
このカードを複数回X召喚したり蘇生したりして能動的に墓地へ送り、デッキから「炎舞」カードのセットと獣戦士族モンスター2体の特殊召喚を繰り返します。
コストを踏み倒せるワシンジンがいない頃に作られたとはいえ、効果にターン1制限がないのが強い。

《恐牙狼 ダイヤウルフ》
能動的な破壊効果が噛み合うため採用。
ソウコや炎王を破壊できれば尚良し。

《ガガガガマジシャン》
《魁炎星王-ソウコ》の効果が通った時点でこのカードの素材と蘇生対象が揃うため採用。
後述の未来皇に繋ぎます。

《FNo.0 未来皇ホープ》
《FNo.0 未来龍皇ホープ》
《FNo.0 未来皇ホープ-フューチャー・スラッシュ》
先述の《ガガガガマジシャン》から繋ぐカード。
《FNo.0 未来龍皇ホープ》は効果破壊耐性を持つため《炎王の孤島》の破壊効果に巻き込まれずモンスター無効効果も持つため制圧向き、
《FNo.0 未来皇ホープ-フューチャー・スラッシュ》は《ガガガガマジシャン》の効果と合わせて4000×2回攻撃ができるためフィニッシャー向きとなります。

《塊斬機ラプラシアン》
対象に取らない墓地送りという除去ができる素材3体以上を要求するランク4。
後述のコンボではレベル4を3体並べることも可能なため採用。
素材を残しておけば《炎王の孤島》の破壊からも生き延びます。

《ライトドラゴン@イグニスター》
対象に取らない破壊、X素材一つを自分モンスターの効果破壊の肩代わりにできる効果を持つ優等生。
《炎王の孤島》の破壊効果から自分モンスター全体を守れます。

《深淵に潜む者》
墓地効果メタのランク4。特定のデッキ相手に効果大。

《ダイガスタ・エメラル》
デッキのリソース回復に。


【鉄獣炎王炎星】の展開例・回し方

《炎舞-天キ》《炎王の孤島》の2枚スタートで、以下のようにモンスターの大量展開&炎舞の大量セットが可能です。

  1. 《炎舞-天キ》を発動し、《鉄獣戦線 フラクトール》Aをサーチ
  2. 《鉄獣戦線 フラクトール》Aの効果で自身と《鉄獣戦線 ナーベル》を墓地へ送る
  3. 《鉄獣戦線 ナーベル》の効果で《鉄獣戦線 フラクトール》Bをサーチ
  4. 《鉄獣戦線 フラクトール》Bを召喚し、効果で墓地の2体を除外し《炎星仙-ワシンジン》を特殊召喚
  5. 《炎星仙-ワシンジン》の効果で《炎舞-天キ》をバウンスして《殺炎星-ブルキ》を墓地へ送る
  6. 《殺炎星-ブルキ》の効果で自己再生
  7. 《鉄獣戦線 フラクトール》Bと《殺炎星-ブルキ》で《魁炎星王-ソウコ》AをX召喚し、効果で《炎舞-「天枢」》をセット
  8. 《炎王の孤島》の効果で《魁炎星王-ソウコ》Aを破壊し、「炎王」モンスターをサーチ
  9. 《魁炎星王-ソウコ》Aの効果で《熱血戦士ウルフバーク》と《暗炎星-ユウシ》を特殊召喚
  10. 《熱血戦士ウルフバーク》の効果でレベル4獣戦士を蘇生し、2体で《魁炎星王-ソウコ》BをX召喚
  11. 《魁炎星王-ソウコ》Bの効果で適当な「炎舞」カードをセット
  12. 《暗炎星-ユウシ》の効果で《魁炎星王-ソウコ》Bを破壊し、《微炎星-リュウシシン》ABを特殊召喚
  13. 《微炎星-リュウシシン》ABの効果で《魁炎星王-ソウコ》Aと《殺炎星-ブルキ》を蘇生
  14. 《炎舞-「天枢」》を発動し、《微炎星-リュウシシン》ABの効果で「炎舞」罠カード2枚をセット
  15. 《暗炎星-ユウシ》《微炎星-リュウシシン》Aの2体で《ガガガガマジシャン》をX召喚し、効果で《魁炎星王-ソウコ》Bを蘇生
  16. 《ガガガガマジシャン》+《魁炎星王-ソウコ》Bで《FNo.0 未来皇ホープ》をX召喚
  17. 《FNo.0 未来皇ホープ》に《FNo.0 未来龍皇ホープ》or《FNo.0 未来皇ホープ-フューチャー・スラッシュ》を重ねてX召喚
  18. 《炎舞-「天枢」》の効果で8でサーチした「炎王」モンスターを召喚

これで盤面は
《炎星仙-ワシンジン》、《FNo.0 未来龍皇ホープ》or《FNo.0 未来皇ホープ-フューチャー・スラッシュ》、《微炎星-リュウシシン》(守備表示)、「炎王」モンスター、《魁炎星王-ソウコ》、《殺炎星-ブルキ》
《炎王の孤島》、《炎舞-「天枢」》、「炎舞」罠2枚、「炎舞」魔法罠1枚
とほぼ埋め尽くされた状態になります。

サーチする「炎王」モンスターをガネーシャにし、適当なランク4を立てて空きを作っておけば、相手ターンに相手モンスターの効果を無効にしつつソウコを破壊しリクルートに繋げる動きも可能。

《炎星仙-ワシンジン》の維持も「炎舞」罠によりある程度フォローしやすいと思います。

《炎王の孤島》が破壊された場合もメイン1なら《炎舞-「天権」》によりワシンジンを守ることができ、ガネーシャとソウコは破壊されてもそれぞれの効果に繋ぐことができます。
その他、《FNo.0 未来龍皇ホープ》なら効果破壊耐性により生き残ります。

トライブリゲードの登場で超展開が容易に

この記事に記載した展開が強いのは展開における制約が「獣・獣戦士・鳥獣族しかリンク素材にできない」という非常に軽いものしか課されていない点。

今回は制圧にもフィニッシュにも動ける未来皇ルートにしてみましたが、他にも色々な盤面へのルートも考えられそうです。

人気ブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援頂けると記事を書く原動力になります。


遊戯王ランキング

 

 

コナミデジタルエンタテインメント 遊戯王OCGデュエルモンスターズ BLAZING VORTEX BOX(初回生産限定版)(+1ボーナスパック 同梱) CG1702

-デッキレシピ, 遊戯王OCG
-, , , ,

Copyright© SOYLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.