デッキレシピ 遊戯王OCG

【WW/ウィンド・ウィッチ】WWトリックスター【デッキレシピ】2020/10制限

更新日:

バーンデッキとしての側面が強くなったWW

WW-アイス・ベル

効果モンスター
星3/風属性/魔法使い族/攻1000/守1000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、デッキから「WW」モンスター1体を特殊召喚できる。
この効果でデッキから特殊召喚したモンスターはリリースできず、
この効果を発動するターン、自分はレベル5以上の風属性モンスターしか
EXデッキから特殊召喚できない。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
相手に500ダメージを与える。
WW-ダイヤモンド・ベル

シンクロ・効果モンスター
星8/風属性/魔法使い族/攻2800/守2400
チューナー+チューナー以外の風属性モンスター1体以上
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合、
自分の墓地の「WW」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力の半分のダメージを相手に与える。
(2):1ターンに1度、相手が戦闘・効果でダメージを受けた場合、
フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
このカードが「WW」モンスターのみを素材としてS召喚されている場合、
この効果は1ターンに2度まで使用できる。

BLAZING VORTEXで新規が複数登場した【WW/ウィンド・ウィッチ】。
新たなるシンクロ《WW-ダイヤモンド・ベル》の登場により《WW-アイス・ベル》からの展開で合計2500ダメージを相手に与えることが可能。

今回は《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》を出したくなるのをぐっと抑え、各種バーンカードとトリックスターの力を借りて《WW-ダイヤモンド・ベル》をエースとする【ビートバーン】よりのデッキレシピ。

【WW】デッキレシピ

モンスターカードについて

「WW」モンスター
《WW-ブリザード・ベル》以外のWWを採用。

《WW-アイス・ベル》
自分の場にモンスターがいない場合に自身を特殊召喚&「WW」をリクルートできる効果と召喚・特殊召喚時に500ダメージを与える効果を持つ非チューナー。
召喚権を使わずにレベル8風シンクロを立てることができる初動役。


《WW-グラス・ベル》
「WW」をサーチできるチューナー。
フリーズベルの登場によりこのカードからもレベル8風シンクロを立てられるようになりました。

WW-スノウ・ベル》
自分の場が風属性のみでモンスターが2体以上存在する場合に特殊召喚できるチューナー。
風シンクロに効果破壊耐性を付与するため場持ちが良くなります。

《WW-フリーズ・ベル》
自分の場が「WW」モンスターのみの場合に特殊召喚でき、自身のレベルを1つ上げることができる非チューナー。
このカードの登場により《WW-グラス・ベル》も初動となる存在に。

「トリックスター」モンスター
小さなダメージを複数回与える能力に長けるトリックスターモンスター。
《WW-ダイヤモンド・ベル》の隣に立たせておくことで微バーン&破壊をちらつかせます。

《朔夜しぐれ》
特殊召喚された相手モンスターの効果無効化と、そのモンスターがターン中にフィールドを離れた場合に攻撃力分のバーンを与える手札誘発。
単純な妨害・展開抑止役となるほか、対象としたモンスターを《破壊輪》や《WW-ダイヤモンド・ベル》の効果で除去することでバーンを発生させることも可能です。

《ドロール&ロックバード》
ドローやサーチを繰り返すデッキに刺さる他、《トリックスター・リンカーネーション》とのコンボで相手の手札をハンデスします。

魔法・罠カードについて

《強欲で金満な壺》
EXデッキを6枚裏側除外し2ドロー。
《強欲で貪欲な壺》はメインデッキ内のリクルート・サーチ対象が消し飛ぶリスクを、《金満で謙虚な壺》はドロー枚数が少ないのとバーンカードが相手にばれることを嫌っての不採用。
このデッキは基本的にレベル7・8の風属性シンクロしか使わないのでそれらを厚く採用しておくことでEXの除外は低リスクとなります。

《墓穴の指名者》
定番の速攻魔法。

《トリックスター・ライトステージ》
トリックスターが誇る強カードであり現在制限カード。
このカードが場にある状態で「トリックスター」モンスターがダメージを与えた場合、このカードのバーン効果と合わせて2度ダメージが発生することになるため、それだけで《WW-ダイヤモンド・ベル》の破壊効果を2回使えます。

《トリックスター・リンカーネーション》
トリックスターが誇る凶カードであり現在制限カード。
《ドロール&ロックバード》とのコンボが凶悪ですが、相手のサーチに合わせて発動するだけでも十分強力。
さらに「トリックスター」を蘇生する墓地効果まであるんだからそりゃ規制されますね…。

《墓穴ホール》
フィールド以外での効果モンスターの効果を無効化しつつ2000バーンできるトラップ。
対応範囲・バーンダメージともに優秀。
3枚は多すぎな気もしますが、どのデッキにも入りうる手札誘発のほか、【ドラグマ】【エルドリッチ】等の環境デッキにも使いどころがあるためフル投入。

《破壊輪》

ライフ条件はあれど相手モンスターの除去&バーンをこなす優秀なトラップ。
エラッタされた現在でも十分強力。
先述の通り《朔夜しぐれ》との相性が良く、相手モンスターの攻撃力×2のバーンをお見舞いできます。

《停戦協定》《仕込みマシンガン》
バーンダメージは不安定ながらも1000ダメージ程度は狙いやすく、何より発動タイミングに融通が利くため《WW-ダイヤモンド・ベル》の破壊効果のトリガーとして扱いやすいバーンカード。

《トラップトリック》
上記罠カードをセット。



EXデッキについて

《強欲で金満な壺》の存在から少種精鋭。
《WW-クリスタル・ベル》は相変わらず「WW」モンスターとの噛み合いがいまいちなため非採用。

《WW-ウィンター・ベル》
基本的にレベル8シンクロへのつなぎ役
墓地の「WW」モンスター1体のレベル×200ダメージを与えられるため、基本的にはグラス・ベルを参照して800ダメージを与えることが多いです。
後述の《WW-ダイヤモンド・ベル》の効果をフル活用するために中継させます。

《WW-ダイヤモンド・ベル》
S召喚時に墓地の「WW」モンスター1体の攻撃力の半分のバーンダメージ、相手にダメージが与えられた場合にフィールドのカードを破壊できる効果を持つ新エース。
「WW」モンスターを素材としている場合後半の破壊効果は1ターンに2度まで使えるため、トリックスターや各バーンカードと合わせて積極的に狙いたいところ。

《ウィンドペガサス@イグニスター》
《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》
なるべくの「WW」シンクロを出していくのがコンセプトですが、バーンカードが手札にない場合はこちらを出していきましょう。

《レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト》
たまに《WW-グラス・ベル》と「トリックスター」でシンクロしたい場面があったため採用。
一応バーン効果持ち。

《旧神ヌトス》
対ドラグマ。

【WW】の展開例

《WW-アイス・ベル》からの基本展開。

  1. 《WW-アイス・ベル》を手札から特殊召喚し、《WW-グラス・ベル》をデッキから特殊召喚
  2. 《WW-アイス・ベル》の効果で500バーン、《WW-グラス・ベル》の効果で《WW-スノウ・ベル》をサーチ
  3. 《WW-スノウ・ベル》を手札から特殊召喚
  4. 《WW-アイス・ベル》+《WW-グラス・ベル》で《WW-ウィンター・ベル》をS召喚
  5. 《WW-ウィンター・ベル》の効果で墓地の《WW-グラス・ベル》を参照し800バーン
  6. 《WW-ウィンター・ベル》+《WW-スノウ・ベル》で《WW-ダイヤモンド・ベル》をS召喚
  7. 《WW-ダイヤモンド・ベル》の効果で墓地の《WW-ウィンター・ベル》を参照し1200バーン

合計2500バーン。
各種バーンカードやトリックスターを並べて相手ターンにバーン&破壊をしていければ僥倖。


純構築にはもう一声欲しいかも?

シンクロ召喚系のビートバーンという面が強くなった「WW」ですが、
《WW-ダイヤモンド・ベル》の効果を相手ターンに使うトリガー役としてデザインされていると思われる《WW-ブリザード・ベル》はちょっと物足りない。
トリックスターのように緩い条件で持続的にバーンを与えられるカードがテーマ内に出てくれば純構築でも力を発揮していけそうなのですが…。

《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》用の出張セットのような立ち位置からは少し変わることができたかな?という印象です。

コナミデジタルエンタテインメント 遊戯王OCGデュエルモンスターズ BLAZING VORTEX BOX(初回生産限定版)(+1ボーナスパック 同梱) CG1702

人気ブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援頂けると記事を書く原動力になります。


遊戯王ランキング

 

-デッキレシピ, 遊戯王OCG
-,

Copyright© SOYLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.