コンボ・考察 遊戯王OCG

【汎用】おすすめリンク1モンスター一覧【2020/10更新】

更新日:

リンク1のすすめ

モンスター1体から出てくるリンク1モンスター。

上手く利用できれば素材のモンスターの効果と合わせて2体分のモンスター効果を使うことができるお得感のあるリンクモンスター

特定のモンスターを即座に墓地に送る手段としても有用です。

 

おすすめリンク1モンスター一覧

《リンクリボー》

リンクリボー
リンク・効果モンスター
リンク1/闇属性/サイバース族/攻 300
【リンクマーカー:下】
レベル1モンスター1体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手モンスターの攻撃宣言時、このカードをリリースして発動できる。
その相手モンスターの攻撃力はターン終了時まで0になる。
(2):このカードが墓地に存在する場合、
自分フィールドのレベル1モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

レベル1モンスター1体という素材指定の緩さが売り。
レベル1トークンを効果モンスターであるこのカードに変換して他のリンクモンスターに繋いだり、低ステータスが多いレベル1モンスターの棒立ちを防ぐ等の用途で使用されます。
自己再生効果のおかげで採用枚数を抑えやすいのも利点。


《セキュア・ガードナー》

セキュア・ガードナー
リンク・効果モンスター
リンク1/光属性/サイバース族/攻1000
【リンクマーカー:右】
サイバース族リンクモンスター1体
このカードはリンク素材にできない。
(1):「セキュア・ガードナー」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):このカードが特殊召喚に成功したターン、自分が受ける効果ダメージは0になる。
(3):自分が戦闘・効果でダメージを受ける場合、1ターンに1度だけそのダメージは0になる。

《リンクリボー》や《転生炎獣アルミラージ》をはじめサイバースリンクモンスターは緩い素材指定のものも多いため出すのは容易。
ダメージカット効果は《ワンチャン》《脆刃の剣》等のカードとの組み合わせで輝きます。
リンク素材にできないのとマーカーの向きの関係上、EXゾーンに出すとその後の展開の邪魔になりやすい点は注意。


《グラビティ・コントローラー》

グラビティ・コントローラー
リンク・効果モンスター
リンク1/闇属性/サイキック族/攻1000
【リンクマーカー:左下】
リンクモンスター以外のEXモンスターゾーンのモンスター1体
このカードはリンク召喚されたターンにはリンク素材にできない。
(1):EXモンスターゾーンのこのカードは、
メインモンスターゾーンのモンスターとの戦闘では破壊されない。
(2):このカードがEXモンスターゾーンの相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。
その相手モンスターとこのカードを持ち主のデッキに戻す。

その素材指定から少ない消費で出せるデッキは限られますが、EXゾーンの相手モンスターを「対象に取らないデッキバウンス」という回避しづらい手段で処理できるのが強み。


《転生炎獣アルミラージ》

転生炎獣アルミラージ
リンク・効果モンスター
リンク1/炎属性/サイバース族/攻   0
【リンクマーカー:右下】
通常召喚された攻撃力1000以下のモンスター1体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードをリリースし、自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
このターン、そのモンスターは相手の効果では破壊されない。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが墓地に存在し、通常召喚された自分のモンスターが戦闘で破壊された時に発動できる。
このカードを特殊召喚する。

【転生炎獣】に属するモンスターですが、主に通常召喚したモンスターを即座に墓地へ送る手段として採用されます。
特に《クリッター》との相性は抜群で、さまざまな展開へと繋がります。

 

《聖魔の乙女アルテミス》

聖魔の乙女アルテミス
リンク・効果モンスター
リンク1/光属性/魔法使い族/攻 800
【リンクマーカー:上】
レベル4以下の魔法使い族モンスター1体
自分は「聖魔の乙女アルテミス」を1ターンに1度しか特殊召喚できず、
その(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、
他の「マギストス」モンスターが召喚・特殊召喚された場合、
そのモンスター1体を対象として発動できる。
自分フィールドのこのカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
(2):このカードが装備されている場合に発動できる。
デッキから「マギストス」モンスター1体を手札に加える。

【マギストス】に属するモンスターですが、他のデッキでも下級魔法使い族を即座に墓地へ送る用途で使用できます。
特に《黒き森のウィッチ》の存在から多くのデッキで活用可能です。


《ストライカー・ドラゴン》

ストライカー・ドラゴン
リンク・効果モンスター
リンク1/闇属性/ドラゴン族/攻1000
【リンクマーカー:左】
レベル4以下のドラゴン族モンスター1体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「リボルブート・セクター」1枚を手札に加える。
(2):自分フィールドの表側表示モンスター1体と自分の墓地の「ヴァレット」モンスター1体を対象として発動できる。
対象のフィールドのモンスターを破壊し、対象の墓地のモンスターを手札に加える。

【ヴァレット】で本領を発揮しますが、《リボルブート・セクター》《クイック・リボルブ》《ヴァレット・トレーサー》下級ヴァレットを出張採用する場合でも活用可能。
白黒ドラゴンなどを即座に墓地へ送る手段としても有用です。


随時更新していきます

とりあえずたたき台として作成。

少しずつ書き足していきます。

 

人気ブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援頂けると記事を書く原動力になります。


遊戯王ランキング

 

-コンボ・考察, 遊戯王OCG
-,

Copyright© SOYLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.