デッキレシピ 遊戯王OCG

【デッキレシピ】スキルドレイン採用竜儀巧【ドライトロン】

更新日:

新時代の儀式召喚、始動

流星輝巧群
儀式魔法
儀式モンスターの降臨に必要。
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):攻撃力の合計が儀式召喚するモンスターの攻撃力以上になるように、
自分の手札・フィールドの機械族モンスターをリリースし、
自分の手札・墓地から儀式モンスター1体を儀式召喚する。
(2):このカードが墓地に存在する場合、
自分フィールドの「ドライトロン」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力を相手ターン終了時まで1000ダウンし、
このカードを手札に加える。

特殊召喚モンスターを操りキーカードを集め、大型儀式モンスターを展開する【ドライトロン】。

何といっても攻撃力を参照とする儀式魔法《流星輝巧群》の存在が目を引きます。

今回は【ドライトロン】のそのほかの特徴である「攻守4000の大型儀式モンスター」「下級モンスターの効果は手札・墓地で発動する効果」という点に目をつけ、《スキルドレイン》を添えてみました。

《流星輝巧群》用に儀式モンスターをまとめた記事はこちら

【ドライトロン】《流星輝巧群》用、攻撃力順儀式モンスターまとめ



デッキレシピ


「ドライトロン」と《スキルドレイン》の双方と共存しやすいカードを集めました。


モンスターカードについて

「ドライトロン」モンスター
下級ドライトロンからは儀式モンスターサーチの《竜輝巧-バンα》、
ドロー効果により継続的なアドバンテージ源となる《竜輝巧-ルタδ》、
蘇生効果により儀式召喚のリリースをそろえたりランク1の下準備ができる《竜輝巧-エルγ》をフル投入。

サーチ・リクルートカードが多いのでその他のドライトロンは儀式モンスター2種を含めて各種ピン挿し。
《竜儀巧-メテオニス=QUA》の非破壊時効果は《スキルドレイン》下でも発動できる点が優秀。

《サイバー・エンジェル-弁天-》
リリースされた際に同名カード含む光属性天使族をサーチできる効果により下級ドライトロンとの相性に優れます。

このカードをドライトロンのリリースコストに充てることでアドを稼いでいきます。

《オネスト》
弁天のサーチに対応。《竜儀巧-メテオニス=DRA》の全体攻撃と相性がいい。

《宣告者の神子》
弁天のサーチに対応。
《虹光の宣告者》を墓地へ送ることによる儀式魔法or儀式モンスターのサーチ&《旧神ヌトス》を墓地へ送ることによりドライトロンを機能不全に陥れる特殊召喚メタを破壊するという役割を担います。

《スキルドレイン》発動下では効果を使えませんが、その場合は温存するか《転生炎獣アルミラージ》に変換しましょう。

《古聖戴サウラヴィス》
手札誘発効果と、自身をコストでバウンスするため《スキルドレイン》発動下でも使える特殊召喚無効効果を持つ儀式モンスター。
《古聖戴サウラヴィス》の手札誘発効果はドライトロン儀式モンスター2種の耐性と被り気味ですが、下級モンスターを守ったりできるほか、いざというときはサウラヴィス自身がスキドレ下でも使える効果を持つアタッカーとなります。
《儀式の準備》対応のレベル7である点も嬉しいところ。


魔法・罠カードについて

《流星輝巧群》
最重要の儀式魔法であり大事なものの、サーチ手段が多く自己サルベージ効果も備えていることからピン挿し。
除外されたら泣こう。

《極超の竜輝巧》《竜輝巧-ファフニール》
下級ドライトロンをリクルートできる《極超の竜輝巧》とそれを含む「ドライトロン」魔法罠をサーチできる《竜輝巧-ファフニール》はフル投入。
ファフニールによる状況対応力を上げるためにその他のドライトロン魔法罠も各1枚ずつ採用。 

《エマージェンシー・サイバー》
「ドライトロン」全般をサーチできるためフル投入。
無効化された場合の自己サルベージ効果もドライトロンをコストにしやすいので活用できなくもないです。

《儀式の準備》
アドを稼ぐうえで大事な《サイバー・エンジェル-弁天-》へのアクセス手段。
サルベージ効果ももちろん優秀。

《スキルドレイン》
今回のコンセプトの一つでもあるためフル投入。
純粋な打点勝負に持ち込み儀式モンスター最高ステータスのDRAとQUAを活かしたいところ。





EXデッキについて

割と適当に組んでしまったEX。
【ドライトロン】はEXの自由度が高く、色々な形が取れそうです。
今回のデッキレシピではかなり贅沢な枠の使い方をしている気がします。


《リンクリボー》
能動的に下級ドライトロンを墓地へ送ることができる便利枠。
スキドレ下でも効果を使える点でも都合が良いです。

《虹光の宣告者》《旧神ヌトス》《転生炎獣アルミラージ》
《宣告者の神子》用のモンスター達。

アルミラージはリンクリ同様スキドレ下でも効果を使えます。

《鬼動武者》《サイバース・クアンタム・ドラゴン》
レベル6となった《宣告者の神子》+下級ドライトロンで出すレベル7シンクロ。
前者は機械族の為《流星輝巧群》のリリースとすることも可能で、ちょうど《古聖戴サウラヴィス》と同じ攻撃力。


そして最もスペースを取っているのがエクシーズ。
基本的にランク1+そこから派生するモンスター達です。

《キキナガシ風鳥》
壁能力の高いランク1。
状況を選ばずに即座に素材を2枚墓地へ送ることができる点から採用。
主に《竜輝巧-エルγ》+αの2体でエクシーズした際にその2体を墓地に送り、《竜輝巧-エルγ》の効果で再度その2体を並べ未来龍皇へ繋ぎます。

《FNo.0 未来皇ホープ》《FNo.0 未来龍皇ホープ》
先述の通り《竜輝巧-エルγ》の効果でランク1は割と並びます。

《ゴーストリック・デュラハン》《ゴーストリックの堕天使》
単純に使いやすい効果を備えるだけでなく、前者は攻撃力1000、後者は攻撃力2000のためDRAの墓地コストとして使いやすいのもポイント。
《天霆號アーゼウス》を重ねても〇。

《LL-アセンブリー・ナイチンゲール》《ダウナード・マジシャン》《天霆號アーゼウス》
素材4枚アーゼウスのためのセット。


儀式召喚の可能性を広げるデッキ

初の機械族儀式召喚テーマであり、攻撃力参照の儀式召喚という型破りな儀式魔法を引っ提げて現れた【ドライトロン】。

特殊召喚モンスターしか特殊召喚できないという誓約は癖が強そうですが、使ってみると意外と何とでもなるように感じました。
通常召喚やEXの使用への制限がないのが大きいですね。
特にEXとの共存は同じ儀式サポートである【魔神儀】とは対象的な印象です。
儀式デッキであることからメインデッキでもそれなりに戦えるため、贅沢なEX枠の使い方もしやすいのはいいと思いました。


今回はDRAとQUAをエースとした【ドライトロン】デッキとして作成しましたが、別の儀式モンスターを主役としたドライトロンデッキも面白そうですね。

-デッキレシピ, 遊戯王OCG
-, ,

Copyright© SOYLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.