コンボ・考察 遊戯王OCG

各召喚に利用すればドロー!《カプシェル》と相性のいいカード・テーマ考察

更新日:

リリースでも素材でもドローに繋がる

カプシェル
効果モンスター
星2/闇属性/悪魔族/攻   0/守   0
このカード名の(1)(2)(3)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードがリリースされた場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
(2):このカードを素材として融合・S・リンク召喚した場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
(3):X素材のこのカードがXモンスターの効果を発動するために取り除かれた場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。

WORLD PREMIERE PACK 2020に収録の《カプシェル》。
リリースや各召喚方法の素材となった場合にドローに繋がる効果を持ちます。

攻守0の闇属性悪魔族という対応サポートの多いステータスを持ち、特にエクシーズや融合方面に相性のいいカードが多いような気が。

というわけで今回の記事は《カプシェル》と相性のいいカード、テーマの考察です


《カプシェル》と相性のいいカード

《七精の解門》&《暗黒の招来神》

七精の解門
永続魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、
「神炎皇ウリア」「降雷皇ハモン」「幻魔皇ラビエル」のいずれか1体、
またはそのいずれかのカード名が記されたモンスター1体をデッキから手札に加える。
(2):1ターンに1度、手札を1枚捨てて発動できる。
自分の墓地から攻撃力と守備力が0の悪魔族モンスター1体を選んで特殊召喚する。
(3):1ターンに1度、自分フィールドにレベル10モンスターが存在する場合に発動できる。
自分の墓地から永続魔法カード1枚を選んで手札に加える。
暗黒の招来神
効果モンスター
星2/闇属性/悪魔族/攻 0/守 0
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
「神炎皇ウリア」「降雷皇ハモン」「幻魔皇ラビエル」のいずれか1体、
またはそのいずれかのカード名が記された、「暗黒の招来神」以外のカード1枚をデッキから手札に加える。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分は通常召喚に加えて1度だけ、
自分メインフェイズに攻撃力と守備力が0の悪魔族モンスター1体を召喚できる。

《カプシェル》は攻守0の悪魔族であるため、《七精の解門》の蘇生効果と《暗黒の招来神》の召喚効果の双方に対応します。

《暗黒の招来神》とはステータスが完全に一致しているため《闇の誘惑》や《悪夢再び》等のサポートを共有でき、2体でランク2モンスターを展開することも可能です。



【マリスボラス】《マリスボラス・スプーン》

マリスボラス・スプーン
効果モンスター
星2/闇属性/悪魔族/攻 100/守 500
このカードがフィールド上に表側表示で存在する場合に
「マリスボラス・スプーン」以外の「マリスボラス」と名のついたモンスターが
自分フィールド上に召喚・特殊召喚された時、
自分の墓地から悪魔族・レベル2モンスター1体を選択して特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
「マリスボラス・スプーン」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

レベル2悪魔族で構成される【マリスボラス】でも各サポートを共有でき、《マリスボラス・スプーン》の効果に対応。

《カプシェル》のドロー効果はフィールドを離れてから発動する効果なので、スプーンで蘇生し効果が無効になっても活用できる点でも好相性。



《武神姫-アハシマ》

武神姫ーアハシマ
リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/獣戦士族/攻1500
【リンクマーカー:上/右下】
同じレベルのモンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
このカードはリンク素材にできない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
同じレベルのモンスターを、手札及び自分の墓地から
それぞれ1体ずつ選んで効果を無効にして特殊召喚し、
その2体のみを素材としてXモンスター1体をX召喚する。
(2):このカードのリンク先のXモンスターがX素材を取り除いて効果を発動した場合、
相手フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

《武神姫-アハシマ》のリンク素材にして1ドローし、即座に蘇生してX素材として活用、次の相手ターン以降にXモンスターの効果を使用し《カプシェル》のドロー効果を利用するコンボ。

《カプシェル》のドロー効果は1ターンに1度しか使えませんが、X素材にした場合のみドローのタイミングに融通が効くことを利用します。
ただしランク2でフリーチェーンの効果を持つモンスターは限られるのがネック。

 

影依融合》《フュージョン・デステニー》

影依融合
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の手札・フィールドから、
「シャドール」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
EXデッキから特殊召喚されたモンスターが相手フィールドに存在する場合、
自分のデッキのモンスターも融合素材とする事ができる。
フュージョン・デステニー
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の手札・デッキから、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
「D-HERO」モンスターを融合素材とするその融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは次のターンのエンドフェイズに破壊される。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分は闇属性の「HERO」モンスターしか特殊召喚できない。

《影依融合》で《シャドール・ビースト》と共に《エルシャドール・ミドラーシュ》を融合召喚すれば、両者の効果で計2枚のドローが可能

《フュージョン・デステニー》も闇属性を素材に指定する《D-HERO デッドリーガイ》の存在からデッキ融合を容易に行えます。

闇属性というステータスから様々なモンスターの融合素材として活用可能。
また、墓地融合で除外した場合でもドローできます。

ちなみに《ネオス・フュージョン》は融合召喚ではなく特殊召喚なので《カプシェル》の効果は発動しません。

 

【マリスボラス】の新メンバーか…?

上記のカード達とともに【マリスボラス】に組み込むのも面白そうです。

【マリスボラス】自体が属するカードが少なくデッキパワーが低めなので、そのうちマリスボラスの新規も出るといいなぁ。

実際に【マリスボラス】に採用してみたデッキレシピがこちら↓

【デッキレシピ】アハシマカプシェル式ドローエンジン【マリスボラス】2020/10制限

人気ブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援頂けると記事を書く原動力になります。


遊戯王ランキング

 

-コンボ・考察, 遊戯王OCG
-,

Copyright© SOYLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.