デッキレシピ 遊戯王OCG

【デッキレシピ】リンク軸レベル3昆虫族の集い【電子光虫G】

更新日:

9期最弱?の【電子光虫】

電子光虫-ウェブソルダー
効果モンスター
星3/光属性/昆虫族/攻 500/守1500
このカードをX召喚の素材とする場合、昆虫族モンスターのX召喚にしか使用できない。
(1):1ターンに1度、自分フィールドの表側攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示にし、手札から昆虫族・レベル3モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
(2):フィールドのこのカードを素材としてX召喚したモンスターは以下の効果を得る。
●このX召喚に成功した場合に発動する。
相手フィールドの全ての表側表示モンスターは、守備力が0になり、守備表示になる。
光虫異変
通常罠
「光虫異変」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地の昆虫族・レベル3モンスター2体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
(2):自分の墓地からこのカードとXモンスター1体を除外して発動できる。
自分フィールドの全ての昆虫族・レベル3モンスターのレベルはターン終了時まで、
除外したXモンスターのランクと同じ数値のレベルになる。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は昆虫族モンスターしか特殊召喚できない。

数々の壊れテーマが存在する9期遊戯王の中で生まれた【電子光虫】。
守備表示にまつわる効果を持ち、エクシーズ素材になった際にエクシーズモンスターに効果を付与できる光属性レベル3昆虫族と、重ねてランクアップしていく昆虫族エクシーズモンスター達からなるカード群です。

中でも展開効果もエクシーズ素材になった際の効果も使いやすいウェブソルダー。

エクシーズモンスターのスカラジエータはランク3では貴重な妨害効果持ち。

重ねて出せるコアベージも守備表示モンスター限定とはいえデッキバウンスという強力な効果を持つなど光る部分もあるのですが、9期の中でも弱い方のテーマとして認知されています。

なぜなのかというとこの通り

・メインデッキの電子光虫4種のうち2種が単体では効果を発動できず、サポートカードにも恵まれていない
・エクシーズ素材になった際にエクシーズモンスターに付与される効果は重ねてエクシーズで消滅する
リンクモンスターは守備表示にならず守備力を持ってすらいないため電子光虫の多くの効果が効かない

特に最後の要素、リンクモンスターの台頭により【電子光虫】はひっそりと息を引き取った…

…ように見えましたが、昆虫族のカードプールの充実により状況は変わります。
昆虫族に不足していた除去力と展開力を補う新たなるG《ゴキポール》、その《ゴキポール》等との相性に優れるリンクモンスター《甲虫装機ピコファレーナ》、そのリンク素材として最適な《トランシケーダ》などの登場。

特に《ゴキポール》《トランシケーダ》がレベル3の昆虫族である点は見逃せません。
なぜならば、実は各電子光虫が持つ効果は「電子光虫」指定ではなくレベル3昆虫族をサポートする効果。
つまり《ゴキポール》の扱いならお手の物なのです。

そんなわけで新たなレベル3昆虫族達と共に、かつて【電子光虫】を絶望に追いやったリンク召喚を自らの力とし【昆虫エクシーズ】から【昆虫リンク】への道が開けた【電子光虫G】のデッキ案です。



デッキレシピ

メインデッキ(40枚)
モンスターカード(25枚)
枚数カード名分類属性/種族PLv攻撃力守備力備考
1デビルドーザー特殊召喚/効果地/昆虫☆828002600古くから昆虫族を支えるアタッカー。共振虫と相性〇
1粘糸壊獣クモグス効果地/昆虫☆724002500共振虫でサーチできる壊獣
2ゴキポール通常地/昆虫☆412001400ゴキポールからリクルート。他の☆4通常昆虫でも良い
2応戦するG効果地/昆虫☆414001400一部のデッキに刺さる妨害効果とサーチ効果持ち。ピコファで装備する候補
2共振虫効果地/昆虫☆41000700昆虫族を古くから支えてきた雄。ピコファの装備候補
3ゴキポール効果地/昆虫☆310001200除去と展開を兼ね備えるスーパーG。ピコファの装備候補筆頭
3トランシケーダチューナー/効果地/昆虫☆38001000ピコファのリンク素材確保に有用。単体では役に立たない
3電子光虫-ウェブソルダー効果光/昆虫☆35001500展開効果・エクシーズ素材になった際の効果共に優秀
3電子光虫-コクーンデンサ効果光/昆虫☆302000つり上げ効果。トランシケーダやゴキポールを蘇生したい
2灰流うららチューナー/効果炎/アンデット☆301800鉄板の手札誘発1
3増殖するG効果地/昆虫☆2500200鉄板の手札誘発2。応戦するGでサーチもできる
魔法カード(10枚)
枚数カード名分類備考
1ハーピィの羽根帚通常定番
2アリの増殖通常リンク素材確保に
1おろかな埋葬通常ゴキポールを墓地へ送る
1封印の黄金櫃通常共振虫を除外することで実質2枚目のおろかな埋葬
3墓穴の指名者速攻定番
2抹殺の指名者速攻相手のうららや墓穴への対抗手段
罠カード(5枚)
3無限泡影通常定番の罠カード
2光虫異変通常ゴキポールを蘇生したい
EXデッキ(15枚)
枚数カード名分類属性/種族PLv/Ra/Li攻撃力守備力備考
1B・F 突撃のヴォウジェS/効果風/昆虫☆625008005000打点まで処理できる
1電子光虫-コアベージX/効果光/昆虫R522001800基本的にはウェブソルダーから繋いでいく
1電子光虫-スカラジエータX/効果光/昆虫R318001400効果自体は優秀だが素材指定に注意
1No.20 蟻岩土ブリリアントX/効果光/昆虫R318001800コアベージへの中継用
1アクセスコード・トーカーL/効果闇/サイバースL42300高打点と除去を兼ね備える優良モンスター
1ヴァレルソード・ドラゴンL/効果闇/ドラゴンL43000状況に応じてアクセスコードとは選択
1双穹の騎士アストラムL/効果光/サイバースL43000マスカレーナ素材で出したい
2天威の龍拳聖L/効果光/幻竜L32600ゴキポールとのコンボで除去効果につなげやすい
1 熾天蝶L/効果風/昆虫L32100ピコファで戻せるため、リンク3をただ経由するだけの場合は優先度高め
3甲虫装機 ピコファレーナL/効果闇/昆虫L21000昆虫リンクのキーカード。自身の効果でEXに戻せるため2枚でいいかも
1I:PマスカレーナL/効果闇/サイバースL2800アストラム用
1リンクスパイダーL/効果地/サイバースL11000トークンやゴキボールを素材に
1転生炎獣アルミラージL/効果炎/サイバースL10通常召喚したゴキポール等を即座に墓地へ送る


電子光虫関連のカードとしては単体で機能するウェブソルダーとコクーンデンサ、そしてレベル3昆虫族2体を1度に蘇生できる《光虫異変》を採用。

《封印の黄金櫃》&《共振虫》や《おろかな埋葬》、蘇生カードやピコファレーナを駆使して《ゴキポール》を過労死させる算段です。

また、環境最メジャーな昆虫族である《増殖するG》と、それをサーチできる《応戦するG》も採用。貴重な展開抑止or妨害役を担ってもらいます。

基本的には《トランシケーダ》や《アリの増殖》の力を借りて昆虫族3体(ピコファレーナのリンク素材+ピコファレーナの効果対象)を用意して除去を交えつつリンク4を目指します。


EXについては要試運転。
ピコファレーナは昆虫リンクの要なので複数採用は確定で、装備するモンスターの候補は《ゴキポール》《共振虫》《応戦するG》の3種類。

その他、通常召喚した《ゴキポール》等を即座に墓地へ送れる《転生炎獣アルミラージ》

ピコファレーナ&ゴキポールの展開で除去効果を使いやすい《天威の龍拳聖》

上記複数の属性のリンクモンスターを墓地に溜めやすいことから《アクセスコード・トーカー》の優先度は高めか。


また、昆虫族ならではの選択肢として《B・F 突撃のヴォウジェ》も《トランシケーダ》の扱いに長けるこのデッキなら容易に出せます。

申し訳程度に電子光虫エクシーズモンスターも採用。なんだかんだウェブソルダー→コアベージのデッキバウンスは除去として優秀です。


展開例

《電子光虫-ウェブソルダー》/《トランシケーダ》/手札コストの3枚から以下のような展開が可能。
墓地に《トランシケーダ》、手札に《電子光虫-コクーンデンサ》+手札コストでも可。
なお、《ゴキボール》の部分は《カマキラー》等の昆虫族レベル4通常モンスターなら何でも良いです。

  1. 《電子光虫ウェブソルダー》を召喚し、効果で自身を守備表示にし《トランシケーダ》を特殊召喚
  2. 《トランシケーダ》の効果でヌケガラトークンを特殊召喚
  3. 《トランシケーダ》とヌケガラトークンで《甲虫装機ピコファレーナ》をリンク召喚、効果で手札を1枚捨て《電子光虫ウェブソルダー》に《共振虫》を装備
  4. 《電子光虫ウェブソルダー》を素材に《転生炎獣アルミラージ》をリンク召喚
  5. 墓地へ送られた《共振虫》の効果で《デビルドーザー》をサーチ
  6. 《共振虫》含む昆虫族2体を墓地から除外し《デビルドーザー》を特殊召喚。《共振虫》の効果で《ゴキポール》を墓地へ送る
  7. 墓地に送られた《ゴキポール》の効果で《ゴキボール》をデッキから特殊召喚(攻撃力1200以上のモンスターを破壊可能)
  8. 《ゴキボール》を素材に《リンクスパイダー》をリンク召喚
  9. 《甲虫装機ピコファレーナ》の効果で墓地の昆虫族3体をデッキに戻し1枚ドロー
  10. 《転生炎獣アルミラージ》と《甲虫装機ピコファレーナ》で《熾天蝶》をリンク召喚
  11. 《熾天蝶》と《リンクスパイダー》で《アクセスコード・トーカー》をリンク召喚し攻撃力3000アップ。除去効果を4回使用可(風:熾天蝶、闇:ピコファ、炎:アルミラ、地:リンスパ)

手順9でドローできるため実質的な消費2枚で最大5枚の除去と《アクセスコード・トーカー》(攻撃力5300)&《デビルドーザー》を用意できます。
総攻撃力が8100となるため、除去と合わせてライフを削り切りましょう。

通常モンスターと《デビルドーザー》が絡むあたり往年の【デミスドーザー】を彷彿とさせますが、実質的な手札消費の少なさとリンク召喚による展開の選択肢の多さで勝ります。
…半面、手順の複雑さ=妨害の受けやすさやEXへの依存度の高さで劣ります。

除去が効かない耐性持ちモンスターが相手フィールドにいる場合は《デビルドーザー》の代わりに壊獣をサーチするのも選択肢。



レベル3昆虫族と共に羽ばたく電子光虫

《ゴキポール》を始めとした優秀なレベル3昆虫族と共にリンク召喚への道が開けた【電子光虫】。
…もはや【電子光虫】とは呼べないんじゃないかというデッキ構成と戦法ですが、Gと手を組んだ【電子光虫G】ということでご容赦ください。

リンク先無しでシンクロやエクシーズを出せるようになった今、リンクモンスターへの依存度が減ったことで純【電子光虫】も多少は動きやすくなりつつあるかな?

-デッキレシピ, 遊戯王OCG
-, ,

Copyright© SOYLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.