デッキレシピ 遊戯王OCG

【超時空戦闘機】宇宙壊獣大決戦【デッキレシピ】2020/10制限

更新日:

宇宙ガ、マルゴト、ヤッテクル

ビクトリー・バイパー XX03

効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻1200/守1000
(1):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した場合、
以下の効果から1つを選択して発動する。
●このカードの攻撃力は400アップする。
●フィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を対象として発動する。
その表側表示のカードを破壊する。
●常にこのカードと同じ種族・属性・レベル・攻撃力・守備力を持つ
「オプショントークン」1体を自分フィールドに特殊召喚する。
このカードがフィールドに表側表示で存在しなくなった時にこのトークンは破壊される。
ロードブリティッシュ

効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻1200/守 800
このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊した場合、
以下の効果から1つを選択して発動する。
●このカードはもう1度だけ続けて攻撃できる。
●フィールド上にセットされたカード1枚を選択して破壊する。
●自分フィールド上に「マルチプルトークン」
(機械族・光・星4・攻/守1200)1体を特殊召喚する。
ビック・バイパー T301

効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻1200/守 800
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在し、
自分の表側表示モンスターが相手モンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
(2):このカード以外の自分フィールドの機械族・光属性モンスターの攻撃力は1200アップする。
妨げられた壊獣の眠り

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):フィールドのモンスターを全て破壊する。
その後、デッキからカード名が異なる「壊獣」モンスターを
自分・相手のフィールドに1体ずつ攻撃表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは表示形式を変更できず、
攻撃可能な場合は攻撃しなければならない。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「壊獣」モンスター1体を手札に加える。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

コナミのゲーム「グラディウス」をモチーフとするモンスターを扱う通称【超時空戦闘機】。

その多くは単体では貧弱なステータスですが、《オネスト》や《リミッター解除》に対応するステータスを持ち、戦闘破壊をトリガーに発動する連続攻撃効果やトークン生成効果と合わせて高い爆発力を有しているのが特徴。

今回はあらゆる面で相性のいい【壊獣】のカードと組み、とにかく後攻ワンキルを目指す【超時空戦闘機】のデッキレシピ。

怪獣映画の戦闘機は撃ち落とされがちですが、怪獣との共闘パターンは勝ちフラグなのです。

【超時空戦闘機】デッキレシピ



 

モンスターカードについて

《ビクトリー・バイパー XX03》
《ロードブリティッシュ》
エース機。
両者ともに形は違えど《オネスト》や《リミッター解除》等で強化された攻撃力で相手モンスターを戦闘破壊した後に追撃できるモンスター。

《ビック・バイパー T301》
緩い条件での自己特殊召喚効果&光属性機械族の打点UP効果を持ち、《地獄の暴走召喚》との相性に優れます。
モンスターながら強化魔法の一種のような存在。

《ゴールド・ガジェット》《シルバー・ガジェット》
レベル4機械族を手札から展開できるガジェット。
《ギアギガントX》をX召喚し《ビック・バイパー T301》をサーチできるため《地獄の暴走召喚》を活かしやすくなるほか、彼ら自身も光属性機械族であり各種サポートに対応するため戦闘要員としての活躍も期待できます。

《オネスト》
光属性の強みの一つ。
《ビクトリー・バイパー XX03》《ロードブリティッシュ》との相性に優れます。


「壊獣」モンスター
単純に制圧効果・戦闘破壊耐性持ちの除去に使えるだけに留まらないシナジーがあります。

《壊星壊獣ジズキエル》
攻撃力3300の最重要壊獣。
壊獣最高のステータスを有す上に光属性機械族であり各種サポートを戦闘機と共有できるため、自分フィールドに特殊召喚できれば頼もしいアタッカーとなります。
相手フィールドに特殊召喚した場合も《シャイニング・アブソーブ》で攻撃力を利用可能。

《海亀壊獣ガメシエル》
攻撃力2200の壊獣。
《リミッター解除》や《ビック・バイパー T301》で強化された《ビクトリー・バイパー XX03》《ロードブリティッシュ》(攻撃力2400)で倒せる攻撃力である点が重要。
《妨げられた壊獣の眠り》で相手フィールドに出すのは基本的にこのカード。

《雷撃壊獣サンダー・ザ・キング》
ジズキエルと並ぶ攻撃力3300の光属性の壊獣。
《オネスト》や《シャイニング・アブソーブ》が手札にある場合に相手フィールドに出したいのはこちらのカード。

魔法・罠カードについて

《妨げられた壊獣の眠り》
あらゆる面で【超時空戦闘機】と相性のいいカード。
戦闘破壊をトリガーとする効果を持つ超時空戦闘機にとっては《サンダーボルト》のような相手モンスターを残さず一掃してしまうカードは相性がいまいちなのですが、
このカードは自分フィールドに光属性機械族のジズキエル&相手フィールドに攻撃表示の壊獣1体だけの状態を作れるため理想的。
《地獄の暴走召喚》《オネスト》《シャイニング・アブソーブ》との相性も良く、このカード+手札2枚でワンキルに持っていける組み合わせが豊富です(詳細は後述)
《灰流うらら》に止められてしまう点に注意。

《リミッター解除》
機械族定番のワンキルのお供。機械族の攻撃力を倍に。
《オネスト》等の他のカードの強化分も含めて倍化できるパワーカード。

《強欲で金満な壺》
EXへの依存度は低いため有用なドローソース。
相手の《灰流うらら》を消費させる役割にも期待。
《金満で謙虚な壺》はダメージ半減のデメリットが痛いためこちらに。

《地獄の暴走召喚》
《ビック・バイパー T301》との相性に優れる展開カード。
相手に展開される恐れもありますが、壊獣によってある程度抑制可能。
特に《妨げられた壊獣の眠り》+《ビック・バイパー T301》のコンボなら相手に展開される心配もなく、盤面の火力は6900+3600×3=17700となります。

《ハーピィの羽根箒》
《ライトニング・ストーム》
後攻デッキの心強い除去札。
相手モンスターの除去は壊獣関連でも行えるため、ライストも主に魔法罠の除去や相手のカウンター効果を消費させるために使用することが多くなります。

《シャイニング・アブソーブ》
ターン終了時まで相手フィールドの光属性のモンスターの攻撃力分、自分フィールドのモンスターの攻撃力をUPできる魔法カード。
光属性の壊獣により発動条件を能動的に満たすことができ、その場合は攻撃力3300UPという破格の強化値に


《レッド・リブート》
ワンキルにおける罠対策。
どうせワンキルに失敗すれば負け濃厚なので発動コストやデメリットは気になりません。


EXデッキについて

《ギアギガントX》
《ビック・バイパー T301》をサーチ。

《ライトドラゴン@イグニスター》
対象に取らない破壊を行えるランク4。
《妨げられた壊獣の眠り》+《ビック・バイパー T301》+ガジェットの組み合わせにおいてX召喚し、相手フィールドの壊獣を破壊する役割を担います。
自己再生したT301を含め4500+1200+2300=8000でワンキル達成。

《ガガガガンマン》
800バーンがとどめとして有用。

《天霆號アーゼウス》
基本的にワンキル失敗=負けですが、上記Xモンスターに重ねて出しておけばターンが返ってくる可能性も。
生き延びれば光属性機械族なので火力要因としても頼もしい存在。

《旧神ヌトス》
ドラグマ対策

【超時空戦闘機】のワンキル組み合わせ例

《妨げられた壊獣の眠り》活用パターン

当然相手フィールドの状況にも左右されるのですが、《妨げられた壊獣の眠り》の効果が通る前提なら以下の組み合わせが有効です。
その際、自分フィールドに特殊召喚するのはジズキエル、相手フィールドに特殊召喚するのはサンダー・ザ・キング(《オネスト》or《シャイニング・アブソーブ》との組み合わせ)かガメシエルとなります。

また、表記を簡略化するために
エース機=《ビクトリー・バイパー XX03》or《ロードブリティッシュ》
強化カード=《オネスト》or《ビック・バイパー T301》or《リミッター解除》or《シャイニング・アブソーブ》
として記載します。

  1. 《妨げられた壊獣の眠り》+エース機+強化カード
  2. 《妨げられた壊獣の眠り》+《リミッター解除》+強化カード
  3. 《妨げられた壊獣の眠り》+適当なモンスター+《シャイニング・アブソーブ》
  4. 《妨げられた壊獣の眠り》+《ビック・バイパー T301》+《地獄の暴走召喚》or《ビック・バイパー T301》orガジェット

上記の通り豊富な組み合わせでワンキルが可能。


《オネスト》&《リミッター解除》活用パターン

その他、相手フィールドにモンスターがいてもワンキルが達成しやすい条件としては
エース機+《オネスト》+《リミッター解除》の組み合わせで

  1. 相手フィールドに攻撃力5600以上のモンスターが存在する時
  2. 相手フィールドに戦闘破壊可能な攻撃力1067以上のモンスターが攻撃表示で1体のみ存在する時
  3. 相手フィールドに戦闘破壊可能な攻撃力1600以上のモンスター1体含む2体が攻撃表示で存在する時

等が考えられます。
攻撃力が異なるモンスターが並んでいる場合については表記が面倒くさくなったので省略。

また、《ロードブリティッシュ》なら相手モンスターを2体戦闘破壊した上で攻撃力1200のトークンを生成できるため、相手フィールドに戦闘破壊可能なモンスターが2体のみの場合は条件が少し緩くなります。



《ビック・バイパー T301》活用パターン

《ビック・バイパー T301》絡みの総火力が8000を超えるパターンの例。
《地獄の暴走召喚》を使うパターンは相手フィールドにモンスターが存在する必要があります。

  1. 光属性機械族レベル4+《ビック・バイパー T301》+《リミッター解除》=8000~9000
    (メイン2の《ガガガガンマン》によるバーン込み)
  2. 《ビック・バイパー T301》×2+《リミッター解除》=9600
  3. 適当なモンスター+《ビック・バイパー T301》+《地獄の暴走召喚》=10800+α
  4. ガジェット+レベル4機械族+《地獄の暴走召喚》=13100
    (《ギアギガントX》で《ビック・バイパー T301》をサーチする)



見た目もパワーも◎な宇宙戦争デッキ

宇宙怪獣の出現を受けて超時空戦闘機が出撃していく、という絵面的にも楽しいデッキになったように思います

《オネスト》《リミッター解除》《妨げられた壊獣の眠り》といったパワーカードをフル投入しているだけあってワンキルの通りもそこそこです。

ちなみに宿敵である【巨大戦艦】デッキのモンスターは自前で戦闘破壊耐性を持つ上に《巨大要塞ゼロス》で対象耐性・効果破壊耐性まで備えてくるため、なかなか厳しい相手となります。
反面、壊獣によるリリースには耐性を活かせない上に《ボスラッシュ》も機能せず、《巨大要塞ゼロス》の強化込みでもジズキエルの打点を超える巨大戦艦が存在しないため【壊獣】要素を活かせれば勝機はあります。

-デッキレシピ, 遊戯王OCG
-, ,

Copyright© SOYLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.